ケルティッククロス クロンマクノイス
ケルティッククロス クロンマクノイス ケルティッククロス クロンマクノイス ケルティッククロス クロンマクノイス ケルティッククロス クロンマクノイス

ケルティッククロス クロンマクノイス

¥15,000 税込

3-D HIGH CROSS: CLONMACNOISE 表裏側面にも彫刻がある立体的なデザインのケルティッククロス・ペンダント。ずっしりとしたボリューム感があり、女性には重たいかも。 <Clonmacnoise クロンマクノイス>  アイルランド中部オファリー州、900年頃。アイルランドのほぼ中央に位置する有名な宗教都市遺跡クロンマクノイスの中でも、これは説教目的のハイクロスで、「フラン王の十字架 King Flann's cross」とも呼ばれます。1個の硬い淡黄色の石から彫り出されており、高さ3.9m。全面を埋め尽くすレリーフ・パネルは、主に聖書の情景描写ですが、聖パトリックの生涯を彫ったパネルも見られます。また中央部の表面レリーフはキリスト磔刑像、裏面は司教の姿をした聖パトリックと思われます。 <High Cross in Ireland アイルランドのハイクロス(高十字架)>  ケルト圏に残るハイクロス(高十字架)---これほど印象的な石造遺物は類を見ません。その起源については、ローマ時代の戦勝記念碑、ことに紀元4世紀、ローマ皇帝コンスタンティヌスによって西ヨーロッパにもたらされたキリスト教の勝利を讃える記念碑にまで遡ることができるという説もあります。アイルランドでは、信仰の記念日に人々が集まる目印として、各地に特徴あるハイクロスが造られました。  正面・背面・側面を埋め尽くす彫刻パネルは、主に聖書の記述を情景描写したもので、これは、世俗の人々のほとんどが字が読めない時代に、聖書の教えを説く手段としても重要でした。それゆえハイクロスは「石の説教」とも呼ばれたほどです。10世紀初頭にキリスト教界や世俗の人々の間に巻き起こった霊魂・精神の刷新運動(リフォーム・オブ・スピリッツ)を反映して、その描写は今日見てもじつに活きいきとしています。 【商品詳細】 ・メーカー:TJH (Dublin, Ireland) アイルランド製 ・材質:スターリングシルバー(=シルバー925) ・大きさ:クロスの高さ約45mm、厚み約3mm ・チェーンを除くクロス本体の重さ:約10.4g ・長さ約50cmのシルバーチェーン付属(チェーンの仕様は写真と異なる場合がございますことをご了承ください。) ・ジュエリーボックスやギフトラッピングは付きません。 ・シルバージュエリーご購入のお客様に、銀磨き用品の試供品「アンクルビル・シルバークロス・ミニ」を1枚差し上げます。http://boudicca-jp.blogspot.com で、銀製品のお手入れについて、より詳しい情報をお読みいただけます。 ・ゆうパックでお届けします。配達時間帯のご希望があれば、ご注文時に備考欄にご記入ください。